記事の詳細

Web収益を得る上で必ず必要になるのはユーザのアクションです。
それはクリックであり、何らかの登録であり、費用のかかる申し込みという行動です。

いずれにせよ、ユーザが動くに足る要素がサイトに求められるのです。
今日はそんな要素の一つについて。

ユーザがWebサイトに抱く信頼を意識する

ad_contents_balance_h3_1

Web運営者・アフィリエイター・ブロガー。
呼称はさまざまですが、共通して忘れてはいけないポイント、そしてキャリアが長くなればなるほど忘れがちになるのは「ユーザ目線」です。

自分が一購読者としてWebサイトに訪問した際、そのコンテンツのバランスからどんな印象を受けるか?
こんなマネタイズに偏った状態になってはいないでしょうか?

記事コンテンツの全てにアフィリエイトリンクがある

広告だけで作られた雑誌は一応ジャンル的には存在します。
一昔前のリクルート系の刊行物なんかに多かったのですが、まぁこれはネームバリューの成せるところが大きいです。

貴方はユーザ目線で見て、始めた訪れた知らなかったサイト・雑誌の評価をどこで決めるでしょうか?
掲載されている広告が多いから、という答えはほぼあり得ないと思います。そこに書かれている情報の質が最も重要でしょう。

同様に、せっかくの記事コンテンツもその全ての末尾に売り込み広告があったのでは信頼度も下がってしまいます。
自分の中で、ユーザに有益な情報のみを発信する「信頼記事」と、このページで絶対にクロージングするという「勝負記事」を明確に分け、且つ信頼記事の方が多くなるようにサイトを作っていくことが肝心です。

結局全ての紹介商品・サービスを買わせようとしている

ユーザは購買に至る際、そっと肩を押す事を求める気持ちが働きます。
なればこそ、アフィリエイターは多くの選択肢を広告として掲載し、ユーザに選択をせまるわけですが、いただけないのは「全ての商品をベタ褒め」状態のサイト。

心理的にはどれか一つに引っかかって欲しいというのがWeb運営者の本音でしょうが、逆効果です。
ユーザの肩を押すためにはまずWeb運営者側こそハラを括って「プッシュする商品・サービス」と「当て馬にする商品・サービス」を決めて当然です。

「これはこうだからダメ」と断言できる筆者のセリフに読者が共感や専門性を感じるからこそ、ユーザはコンバージョンに向けて行動するということを忘れてはいけません。

比較しているだけで、主張と傾斜がない

買わせようともしないし、ネガティブレビューも提示しない。
ただただ整然と事実としてのスペック情報だけを並べるカタログのようなサイト。

アフィリエイト黎明期はこれで良かったんです。
24時間365日アクセスできるカタログという事だけでユーザにとっての有益なコンテンツと言えたのですから。

ただ、もう古い。
記事コンテンツを通じて専門性をうたい、商品・サービス比較に際してもその専門性というフィルターを通したうえでの主観と主張できちんと優劣の仮説を立ててユーザに情報提供できるかどうかが今後のアフィリエイトサイト群の中で特徴を出して勝ち続けるためには必要です。

“人”として信頼される事をイメージする

  • 1.自分の利益に固執せず、情報提供を重んじる
  • 2.良いところと悪いところ、良いものと悪いものが区別できる
  • 3.自らの主観と主張を出すことを恐れず、解を提案できる

関連記事

twitter

ページ上部へ戻る