記事作成

  • 検索ユーザと会話するように記事を書く時はチャンス

    サイトに一定量の記事が貯まると当然検索キーワードが多彩化してきます。 ある条件を満たすキーワードが登場するとチャンスが生まれます。 「その話、メインじゃないんですけど!?」という検索ワード 例えば旅行に関する知識サイトを作っていたとします。 その中で「山歩…

    YMD86_hotelokujyoumiharasu500
  • レビュー系記事を書く時に意識していること

    最強の販売手法の1つであるレビュー記事。 基本項目ではありますが、僕が書く時に心がけているポイントを列挙してみます。 誰に何を届けるのか?レビュー記事のコツとポイント 物販にせよサービスにせよ、体験に基づいたレビューは非常にユーザの心を打ちます。 加えて、…

    a0001_012357
  • 拡散を意識して記事を書く。アイキャッチを始めとした画像の威力

    信頼記事を書き続けていけば、いつか誰かの目に止まり、拡散の波に乗ることがあります。 一般的にはバズるとかバイラるとか言われている状態で、絶好のチャンスになる瞬間です。 そんな時に確実に拡散された先からその自分の記事へユーザを引っ張ってくる。 これがその大チャンスからどれだけのアクセスを生むことができるかにかかってくるわけです。

    viral-picture-managemet_catch
  • 記事が書けない時の対処法、アウトプットの手を止めない戦い方について

    記事コンテンツ型のWeb制作においては日々更新される記事だけが価値です。 そして、頻度もさながら、それにはある程度のボリュームが求められます。 一方、執筆者である運営者の持つ時間は有限。 書けない病にかかった時に対処を考えていきましょう。

    writing-management_catch
  • 一気に1,000文字の記事を書き上げるための章立てのコツ

    Webで収益を上げるためには最低でも100記事の媒体を作ること。 その1つ1つの記事は1,000文字以上が望ましいこと。 これらはこれまでお話してきました。今日はその継続に役立ちそうなポイントについてです。

    speed-writing_catch

twitter

ページ上部へ戻る